sei-kansen.info

身近に潜む「膣カンジタ炎」

「膣カンジタ炎」という性感染症があります。

膣カンジタ炎の元となるカンジダ病原菌は性的接触でも感染します。
この病原菌は膣だけでなく、口にも発生する病原菌です。
従って、性交渉をしなくとも自然に発症してしまうのも膣カンジタ炎の特徴と言えるでしょう。

主な症状は、おりものの異常と陰部や腟内の痒み。
おりものはヨーグルト状や酒粕状に状態になり、白色や黄緑色をしています。
痒みはひどくなると、ヒリヒリした痛みを伴います。

先ほども言いましたが、性交渉が無くとも感染するのが膣カンジタ炎の特徴です。
体力、免疫力の低下、妊娠、抗生物質の服用などで発症します。
抗生物質の風邪薬を飲む、あとは妊婦さんも感染しやすいので、性感染症だと決めつけずに治療するのが良いと思います。

性交渉においては男性の場合はあまり自覚症状がありません。
感染しても皮膚炎を起こすだけですし、痒みが出るのはよっぽど酷い状況かもしれません。
皮膚が赤くなるのは、俗に言う「インキンタムシ」の状態になることもあります。

またはペッティングによって、口内に感染する可能性もあります。
しかしこの場合も男性の免疫力が弱っている時など、感染する可能性は低いと思われるので焦らずに対処することをおすすめします。