sei-kansen.info

女性の性感染症「クラミジア」

「クラミジア感染症」という性感染症があります。
クラミジアは女性に起こりやすい有名な性感染症です。

性感染症の中でも最も感染率が高いと言われているクラミジア。
1回の性交渉で感染する確率は50%と言われ、日本国内では100万人以上が感染されていると推定されます。

クラミジアに感染すると数週間で発症します。
しかし、人によっては症状が現れない場合もあるので要注意です。
特に女性は自覚症状がない人が多いので、性病予防は必須と考えておいた方が無難かと思います。

放置してしまうと体の内部まで感染が広がり、子宮内膜炎や卵管炎になる可能性があります。
また子宮外妊娠や不妊の原因となるケースもあるので、何か不安を感じた場合はすぐに専門医に相談することをおすすめします。

クラミジアは性器以外にも発症することを覚えておきましょう。
例えば、オーラルセックスやディープキスなどに喉(ノド)への感染です。
喉に感染すると痛みがでて痰(タン)が増えます。

治療方法は、まず感染しているかどうかを検査してもらうこと。
簡単に判定できますし、発性している場合は抗生物質と抗菌剤を2週間服用することで治療することができます。
早めの治療をおすすめします。